浮気調査の安さのカラクリとは!? ~各探偵事務所・興信所がアピールする低料金の内情~

浮気調査の料金は相談で確かめることが大事!
~相談してから探偵事務所を比較しよう~

依頼者はホームぺージを検索して料金体系が書いてあればまずはそれを参考にするでしょう。
次に自分が住んでいる生活圏内に探偵事務所があれば、近いところを優先順位にするかもしれません。
首都圏は別ですが、探偵事務所は住んでいる場所の付近にそういくつもあるものではないので、結果的に3社くらい見つけてそこからチョイス。

多くの方はそのような方法で探偵事務所・興信所を探して、自分の予算に合ったところに浮気調査の依頼をするでしょう。
しかし、料金については本当にホームぺージの料金どおりかといえば、実際は違ってきます。
そのため、「料金だけは」探偵事務所での無料相談できちんと確認する必要があるのです。

安い料金体系でホームぺージから選んでも、実際に調査をしたら長時間・長期間かかって、高額な料金になったということがあります。
相談では必ず自分が持っている情報を提示して、必要なら見積もりを出してもらうようにしましょう。

「追加料金は一切いただきません」と記載のホームぺージであれば、見積もり金額から追加料金はかからないので、きちんとした料金がでます。
それを確かめて「本当に安い料金なのか」を判断しましょう。

安さの理由 ~安価な機材を使った調査~

浮気調査の機材は重要

機材は探偵事務所や興信所にとって命といえる武器になります。
浮気調査の現場であれば、浮気・不倫相手と会っているシーンやホテルに出入りするシーンを撮影するために機材が重要な役割を果たします。
しかも、証拠を撮れるチャンスが少なければ少ないほど、より正確で鮮明な映像を撮る必要があるため、それだけ機材の精度が問われてくるのです。

・夜間にラブホテルに出入りする不倫相手と妻・夫

浮気調査の証拠を撮れる場面は、ほとんどが夜になります。
ラブホテルの出入りのシーンは「不貞行為を証明するための重要な情報」ですから、それだけハッキリした画を撮らなければいけません。
そこで用いられるのが暗視スコープやナイトショットカメラ、赤外線カメラなどです。

一般的な家庭用ビデオカメラのほとんどは夜間撮影(真っ暗な状況の中での撮影)はできないので、それに対応した機材を使う必要があるのです。
しかし、安い料金ばかりをアピールする探偵事務所や興信所は、こういった機材を持ちあわせていない場合が多く、誰でも撮れる映像のみを報告してくることがあります。

当然ながら、夜間撮影で使用するカメラや赤外線などはそれだけ高額であり、探偵事務所や興信所はこうした機材を使っています。
そのため、人件費とともに機材費なども加味された料金を設定しているのです。

安い料金で安い機材を使って撮影すれば、本来なら撮れるはずの映像が撮れなかったり、画像が粗くて誰を撮影したのかわからないといったことになります。
裁判などで使うことになれば、「人物を特定できない写真や映像」は、証拠としては不十分であり、主張を覆されることになりかねません。

このことから、安い機材を使っている分費用がかからずに料金に反映されますが、調査力が他社に比べて半減するといったこともあるのです。

・昼間のデートシーンで会話する妻・夫と不倫相手

証拠を押さえる場面はホテルのみではありません。
調査した日にはホテルに入らず、どこかのレストランに入って会話をしていたり、買い物をしたりすることもあります。

こういった場面では、レストランで食事をしている2人が不倫している会話「今度○○のホテルに行こう」「今度は○月○日にあなたのアパートに行くから」などを聞くチャンスになります。
そこで、録音機材として高集音マイクを使ったり、小型カメラを使ってピンポイントで対象を撮影することになります。

これら小型機材についても、安価なものであれば画角が狭かったり、焦点距離が短いなど、実際の撮影では使えないこともあります。
高額な機材であれば、状況に応じてすべての音声を拾ったり、広範囲かつ鮮明に撮影できるなどの利用ができます。

それだけ有力な情報を取得することができるので、次にいつ会うのか、2人がどんな関係にあるのかなどをはっきりさせることができます。
調査における命ともいえる機材が安価なものであれば、料金に反映されることはないでしょう。

つまりは、誰でも撮れる情報をとって調査を終了することになるのです。

ホームぺージでは撮影サンプルなども見ておく

機材の良し悪しはホームページで見ることもでき、相談のときに報告書のサンプルを見ることもできます。
実際にその探偵事務所が撮った映像を見ることで、どれだけ精度の高い情報をとっているか分かるでしょう。

このように、料金が安ければと思って、そこだけに焦点を合わせて依頼するのは危険です。
機材が代表するように、調査力も同時に見て、料金に見合った調査結果をもたらす探偵事務所・興信所を選ぶべきです。

証拠は調停・裁判で使われる重要なものです。
別れを選ぶ、すなわち離婚するかどうかを決断するインパクトの大きい情報ですから、きちんとした情報をとってもらいましょう。

離婚にかかる体力・気力の消耗に比べたら、高い料金を払ってもスッキリ解決したほうがよいのです。

探偵事務所に浮気調査を依頼するのは人生の大事な場面!
安かろう良かろうではなく、きちんと仕事を任せられる探偵や興信所を選んでいきましょう。
安い料金にはそれなりの理由があり、機材や人件費によるもの、集客のための料金プランなどがあります。
安さの裏側を知るには相談で調査員と会うことが大切ですから、きちんと確認しておきトラブルのない契約を交わしましょう。

最近の投稿

浮気調査費用値段は高いと良いの?安いと良いの?興信所・探偵事務所の見分け方